NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

バランス遊びをすると、勉強ができるようになる⁉~前庭覚を育てよう!~

以前のブログで、遊びが様々な感覚を育てることをお伝えしました。

→ブログ「感覚を育てよう!体を使って遊ぼう!」

 

 

感覚には、五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)の他に、固有受容覚と前庭覚があります。

 

 

 

今回は、そのうち「前庭覚」についてお伝えします。

「前庭覚」とは、平衡感覚やバランス感覚のこと。

特に以下の働きが大切です。

 

 

 

 

 

①左右のバランスを取って、姿勢を保つ働き

長い時間、同じ姿勢を保つことができる

 

②身体が揺れたときに、視界を補正して安定して見えるようにする働き

頭が動いても、景色がぶれずに見える

 

③自律神経を調節して、気分を安定させる働き

運動をすると気分がすっきりする

 

 

 

 

では、この「前庭覚」が育っていないと、どうなるでしょう。

 

 

 

 

①姿勢が不安定で、長く椅子に座っていられなくなる。

 

②ノートから黒板に目を移したときに焦点が合わせにくくなり、黒板の字をノートに書きとることが困難になる

 

③自律神経の働きが悪くなり、すぐに眠くなったり疲れたりする

 

 

 

 

つまり、「前庭覚」が育っていないと、学習に集中できなくなる恐れがあるのです。

 

 

 

だから、そうならないためにも「前庭覚」を育てましょう!

そのためには・・・体を使ってたくさん遊ぶことです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォレスアカデミーでも、授業の中で「前庭覚」を育てる活動を取り入れています。

例えば、バランスボールに座ったり、片足立ち競争をしたり、いろんな動きをする遊びをしたりします。

室内よりも屋外の方が、おにごっこをしたり、アスレチックに登ったり、ブランコに乗ったりと、より多くの遊びができますね。

 

 

 

このように、子どもの発達には、毎日の「遊び」がとても大切な役割を果たしています。

現在は、以前よりも外遊びが難しい状況ですが、お休みのときなどご家族で「前庭覚」を育てるバランス遊びをしてみてください。

楽しくたくさん遊ぶことが、実は将来の学習活動にもつながっていきます。

 

 

 

 

 

<担当:西>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS” 放課後等デイサービス・就労移行支援・企業コンサルティング

ウォレス(有限会社ワイズマネジメント)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net