NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

親子の居心地よい関係を築くには?

「どうしてそういうことするの!」

「なんでそういうこと言うの?」

「〇〇しなさい」!

 

思い通りに行動してくれないと、ついつい見守るつもりが、言い合いになりイライラする関係になっていませんか?

お子さんに対する不安が強いほど、ついつい先回りして何かをしてあげたくなりますよね。

それはひょっとしたら、親子の距離が近すぎるのかもしれません。

 

 

 

■客観的にみられる距離まで離れてみる

 

距離が近いと「お母さんはこうだったから」「世間ではこうだから」「あの家はこうだから」と比較をしてしまいます。

しかし、お子様を俯瞰してみられる距離であれば、親子という概念から離れ、1人の人として捉えるようになり、「あなたはそう思うのね」「あなたはそうするのね」とお子様自身を尊重し、他と比較することがなくなります。

いわゆる受容です。

 

本来、お子様からみた親の存在とは、お子様が困った時に絶対的に助けてくれる安心感を与えられる関係、好奇心や探求心を温かく見守ってくれる存在です(Circle of security®:安心感の輪)。

このように親子が心地よい関係性を築くには適度な距離感が必要です。

 

 

 

■相談先を明確にする

 

適度な距離感を保つためには、困った時の相談先を明確にすることです。

 

例えば、学校の宿題。

これは授業内容を理解できているか?どのように学び、答えを導いているのか?指示した範囲を取り組めているか?などを先生が把握するツールの1つです。

宿題の負担が高い様子がみられた場合、保護者が代わりに解くのではなく、担任の先生や支援の先生へご相談されるのがよいと思います。

窓口となる先生を親子で把握している必要がありますね。

 

ご家庭を中心として教育、医療、福祉それぞれが役割を担いながら、お子様1人の成長をチームとしてサポートしています。

育児は答えがすぐ出るものではないので「これで合っているのだろうか?」という不安も常について回りますが、それぞれの悩みの相談口があると安心です。

是非この機会に誰に相談すればよいか“餅は餅屋”、そして“転ばぬ先の杖”として確認してみてくださいね。

 

 

 

●宿題や友人関係など教育にまつわる悩みは学校(担任の先生、学年主任、スクールカウンセラー、特別支援コーディネーターなど)や教育委員会

●生活上で生じるお悩み(こころ、引きこもり、子育て、ひとり親など)は役所の各窓口

●子育てに特化した相談は子育て支援センターや児童相談所

●発達のお悩みや特性に関する総合的な相談は各医療機関や総合福祉相談所、発達障がい相談事業所や発達障がい児者支援センター

福祉サービス利用については相談事業所

●特性に関する支援についてはWALLESS ACADEMY含む各事業所

 

 

 

もし、親子の距離がどうにもならないときは様々な手助けとなる福祉のサービスもあります。

担当の相談員や所属されている事業所の児童発達支援管理責任者にお声掛けください。

 

 

 

 

<担当:近藤>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

色彩アートセラピストの先生を招いてスタッフ研修

7月某日

外部講師をお招きし、研修を行っていただきました。

 

お招きしたのは、藤田佳恵先生。

子どもたちのアトリエアートランド提携アトリエとして、アトリエ「あんずくらぶ」の主宰をされていらっしゃいます。

(藤田先生のプロフィールは下記に掲載)

 

 

 

色から見えてくる子供たちの声

「子どもの絵はこころの言葉」

と題しまして、色彩や配色に込められた思いや、形・モチーフから読み取れる意味などについてお話しいただきました。

 

 

 

「色は感情のサイン」だそうです。

子どもが自由に描いた絵。

その中には子供たちの正直な気持ちが表れているといいます。

使われている色、配色によってさまざまな感情を読み取ることが出来るようです。

また、描かれているモチーフにも、その時の関心事や心情を反映させているとのことでした。

 

 

 

今回勉強させていただきました内容は、今後の支援のために活かしていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

(実際に子どもたちの絵を見ながらのながらの講義)

 

 

 

 

藤田 佳恵 氏

<プロフィール>

2005年6月アトリエ「あんずくらぶ」をオープン。子どもたちに自由な創作体験の場を提供。創作体験から養われた自信、そこから生まれる自己肯定感は、成長と共に社会生活を送る際に自ずと発揮されてきます。

2017年2月末松ハート&カラーメソッドの理念を活かした個人アトリエに変更。子どもだけでなく大人にも対応できるアトリエとして活動中。

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー修了

色彩学校本科W10期修了

色彩心理カウンセラーコース修了(現在名称色彩アートセラピスト)

チャイルドアートカウンセラーコース修了

国際アート&セラピー色彩心理協会会員

東日本支援クレヨンネット心のケアボランティア

http://anzukko.blog28.fc2.com/

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

福井大学准教授を招いてスタッフ研修

6月某日

 

福井大学 学術研究院教育・人文社会系部門 教員養成領域 発達科学講座 准教授 藤岡 徹 先生をお招きし、スタッフ向けに研修を行っていただきました。

 

 

 

私たちが実際に支援をしていく中で、さらに内容を充実していくために、課題を共有し、論文等を参考にご教授いただきました。

 

一般的な子どもの成長発達を理解したうえで、発達特性について学ぶことの大切さを改めて感じ、それを踏まえて、今後、お子様お一人お一人の課題解決に向けて、専門的スキルを充実していきたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤岡先生には定期的にご指導いただく予定となっております。

 

 

 

 

 

藤岡 徹 氏

<主な研究領域>

●発達障害(自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、限局性学習症など)のある方の認知機能についての研究

●発達障害のある方の支援に関連する調査研究

●発達障害のある方の気になる行動へのアプローチ

https://tfujioka.jimdofree.com/

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

避難訓練実施の報告

令和4年3月

WALLESS ACADEMYスタッフ全員にて、避難訓練を実施いたしました。

弊所は個別支援ですので、ご利用者様全員での避難訓練は行うことが出来ません。

その分、スタッフの瞬時の状況判断が求められますので、その場その場に置いて冷静な判断が出来るよう、細かな確認を中心に行いました。

 

 

 

①緊急時の役割確認

情報伝達係・・・状況確認、通報、周知、避難経路確保、連絡等

誘導係・・・ご利用者様の安全確認と声掛け、残留時の確認、名簿・緊急箱の持ち出し等

8F・5Fにいるスタッフでそれぞれ状況を判断し、避難方法を確認。

避難誘導の担当が利用者の安全確認し、先頭と最後尾をスタッフにして間に児童を挟み1列で移動。

 

 

 

 

 

 

 

②緊急時の避難経路確認

避難経路は階段。1階~8階までの階段通路は確保されてることを確認。

(店舗の荷物が置かれていましたが、今はきれいに通れるようになっています)

避難場所である順化小学校まで歩いていき、待機場所となっているグラウンドの確認。

 

 

 

 

 

③8階避難用具の確認

ROOM4にあります、窓の外に出ることのできる避難用具を実際に操作して確認。

 

 

 

 

 

④AEDの設置場所確認

当ビル内にはAEDがない為、近隣の中央郵便局と放送会館内にあるAED設置場所の確認。

(ファミリーマート内にも設置を確認)

 

 

 

 

 

掲載してある内容は一部ですが、避難訓練を終えてそれぞれに気になったこと、注意しなければいけないこと、こんな時はどうすればいい?など、細かな点一つ一つについては十分に話し合い、終了いたしました。

 

今後も気づいたことがありましたら、全員で確認しあってまいります。

 

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

遊んでいるだけなのにトレーニングになっちゃう【お正月遊び編】

12月25日はクリスマス。

おうちにサンタクロースはやってきたでしょうか?

ご家庭では子供たちの笑顔が何よりのプレゼントになりますね。

 

 

 

さぁ、新しい年が近づいてきます。

皆様は海外のお正月を知っていますか?

 

アメリカでは、感謝祭のある11月からクリスマスあたりまでが休日ムードになり、お正月も1月1日しか休みがありません。

それでも年が明けたら側にいる人とハグやキスをするとハッピーに過ごせると信じられていて賑やかにお祝いしています。

 

フランスのお正月に欠かせないのは伝統菓子「ガレットデロア」。

小さな人形をしのばせて、菓子が切り分けられた中に人形が入っていた人は1年を幸運に過ごせるのだとか。

 

デンマークでは大晦日になると友人や親族の家の玄関にお皿を投げる風習があります。

お皿を割ると幸運と人脈に恵まれるそうで、家の前に割れたお皿が多いほど友人が多い証明になるなんて不思議な風習ですね。

 

世界のお正月は様々ですが、年のはじめを丁寧に祝う日本の文化は大事にしていきたいものです。

 

 

 

お正月遊びはメリットがいっぱい

 

 

 

日本のお正月は、ご家族でゆっくり過ごせる時間でもあります。

最近はゲームやYouTubeを見て過ごすお子様が増えていますが、昔からのお正月遊びは子供の脳に影響を与え、能力を伸ばす効果が期待できます。

 

 

■すごろく

サイコロの出た目だけ進むルールで数の概念が身に付き、文字を読むトレーニングにもなります。

ルールを理解する力や、ルールを守って遊ぶという社会性、負ける体験の繰り返しで「次に頑張ろう」と気持ちの切り替えもできるようになっていきます。

会話が生まれ、コミュ二ケーションが活発になるメリットも期待出来ますね。

 

 

■かるた・百人一首

文字を覚える事ができ、読み手の言葉を集中して聴く力を育てます。

また「百人一首」の取り札は和歌の上の句から読まれるため、和歌を全て覚えていることで勝敗につながるので、小学生以上だと記憶能力のトレーニングに、また反応能力が試されるので空間把握のトレーニングにもなります。

 

 

 

 

 

 

■トランプ

数字やマークで数を覚える計算力や記憶力、カードを見逃さない集中力、会話やかけひきをしながら遊ぶのでルールを守る、相手を思いやるなどのコミュニケーション力が養われます。

さらに、相手を観察してどう動くか考える、観察力や判断力まで育むことが出来ます。

 

 

■福笑い

出来上がりでおおいに盛り上がる福笑いは、パーツを選ぶ指先の感覚を刺激したり、左右の位置関係など空間把握と、記憶力のトレーニングにもなります。

イラストを見つけてきたり、紙とペンがあればご家族でオリジナル福笑いを作っても楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

ほんの一部をご紹介しましたが、子供たちの遊びには成長を促す学びがたくさん隠れています。

ウォレスアカデミーでは遊びや得意な活動の中で生まれる学びも大切にしています。

 

ゆったりとした時間が流れるお正月だからこそできる、自分の家ならではの楽しみ方が見つかるといいですね。

 

 

 

 

 

<担当:白﨑>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net
1 2 3 5