NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

お子様に合わせた聞き方で「今日あったこと」の会話を楽しむ方法

1日が終わり帰宅してから、お子様とどのようなお話をされますか?

「今日学校どうだった?」と聞くと、どのような返事が返ってくるでしょうか。

 

「楽しかったよー」

「おもしろかった!」

「別に」

「疲れた」

 

おそらく、大人が聞きたかったのは「学校でどんなことをしたのか」「授業はちゃんと聞けたのかな」「お友達と何して遊んだのだろう」「給食残さず食べられたかな」などではないかと思います。

 

 

質問する側が主導権を握るため、話の引き出しは聞く側に委ねられます。

お子様からすると「聞かれる」状態にあります。

どのような聞き方をしていくと、お子様は答えやすそうでしょうか?

お子様の性格や特性に合った聞き方で会話を楽しむ方法をご紹介します。

 

 

 

①お話をするときにまず大切なこと

 

 

●コミュニケーションをとりたい気持ちが大人にあること=お子様と話せる状態であること

●お子様もコミュニケーションをとろうとしている状態にあること=話を聞ける状態であること

を確認しましょう。

 

 

 

②たくさんお話をする、お話をすることが好きな子には『オープンクエスチョン』

 

 

オープンクエスチョンとは、答える側(お子様)の答える範囲に制限を設けず、自由に答えてもらう聞き方です。

冒頭の「今日学校どうだった?」がオープンクエスチョンになります。

自由課題や指示の曖昧の苦手さがあるASDの特性があるお子様にはこの方法はむきません。

たくさんお話をしたり、お話をすることが好きな子、語彙が豊富にある子に対しては、大人からの質問は少しにして、お子様の会話に相槌を打ったり、「それってどうなの?」など(ちゃんと聞いているよ)という態度を示してあげるといいですね。

また、会話がそれたら本題に戻るよう誘導、修正をしてあげましょう。

大人の会話が少なくてもそれがコミュニケーションとなります。

 

 

 

③お話が苦手、言葉が少ない、すぐ忘れてしまう子には『クローズクエスチョン』

 

 

クローズクエスチョンとは、「はい/いいえ」や単語で答える聞き方です。

冒頭の「学校どうだった?」をこの聞き方に直すと「給食はパンだった?」のような内容になります。

求めている答えがすぐに得られる方法ですが、尋問のようになりかねないので、質問攻めではなく、こちらの出来事などを織り交ぜると会話が広がりますね。

例)「給食はパンだった?」⇒「うん」⇒「そっか。お母さんはお弁当だからご飯だったよ」

 

 

 

また、「疲れた?」と聞くとほぼ「疲れた」と返ってきます。

本心かどうかはわかりませんね。

体調面などは言葉以外でいつもと変わりがないか、大人が観察していくことも鍵となります。

「いつもより疲れてそうだけれど何かあった?」のように声をかけるといいかもしれません。

ネガティブなことを話してくれたら認めていくことも大切ですが、せっかくなので楽しい会話をして過ごしたいですね。

 

 

 

 

 

<担当:近藤>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

親のイライラも軽減 子育てにおける「コーチ目線」

子育てをしている中で、お子様に対して「早く○○しなさい!」「△△持った?忘れ物ない?」などと先回しをして声をかけてしまうこと、あるのではないでしょうか?

お子様がうまくできないということがあると、親はそのことに対して反射的にイライラしてしまいますね。

 

 

親自身がイライラしないためにも「コーチ目線」を取り入れることが重要です。

「コーチ目線」」を取り入れることで、反射的にイライラしてしまう度合いや回数を減らせるかもしれません。

 

 

 

コーチとは、選手を冷静に見守り励ましてくれる存在です。

選手たちそれぞれには、「自分のペース」があります。

すぐにできる場合も、ゆっくりと時間をかけて成長していく場合もあります。

どんな場合でも、コーチ(親)にできることは、選手(子ども)を冷静に見守り、アドバイスすることだけです。

できるだけ手を貸さずに「励まし役」に徹することで、子どもの「できること」は自然に増えていきます。

 

 

 

例えば、準備に時間がかかる場合

「あと○分しかないよ!急ぎなさい!〇〇は持った?忘れ物ない?」

「○時までに準備してね」

 

 

親が先回りし世話を焼いてくれるということは、子どもにとっては楽な状態かもしれません。

その一方で、「自分で考えて、自分で決めて行動する」機会を奪ってしまうことにもなりかねません。

 

 

できる範囲で「自分で決める」「自分でやる」経験を積ませることが、子どもの自立心を引き出すことにつながります。

 

 

 

子どもが自分自身で考える機会を増やすために、また、親自身がイライラしないために、「コーチ目線」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

<担当:石倉>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

避難訓練実施の報告

令和4年3月

WALLESS ACADEMYスタッフ全員にて、避難訓練を実施いたしました。

弊所は個別支援ですので、ご利用者様全員での避難訓練は行うことが出来ません。

その分、スタッフの瞬時の状況判断が求められますので、その場その場に置いて冷静な判断が出来るよう、細かな確認を中心に行いました。

 

 

 

①緊急時の役割確認

情報伝達係・・・状況確認、通報、周知、避難経路確保、連絡等

誘導係・・・ご利用者様の安全確認と声掛け、残留時の確認、名簿・緊急箱の持ち出し等

8F・5Fにいるスタッフでそれぞれ状況を判断し、避難方法を確認。

避難誘導の担当が利用者の安全確認し、先頭と最後尾をスタッフにして間に児童を挟み1列で移動。

 

 

 

 

 

 

 

②緊急時の避難経路確認

避難経路は階段。1階~8階までの階段通路は確保されてることを確認。

(店舗の荷物が置かれていましたが、今はきれいに通れるようになっています)

避難場所である順化小学校まで歩いていき、待機場所となっているグラウンドの確認。

 

 

 

 

 

③8階避難用具の確認

ROOM4にあります、窓の外に出ることのできる避難用具を実際に操作して確認。

 

 

 

 

 

④AEDの設置場所確認

当ビル内にはAEDがない為、近隣の中央郵便局と放送会館内にあるAED設置場所の確認。

(ファミリーマート内にも設置を確認)

 

 

 

 

 

掲載してある内容は一部ですが、避難訓練を終えてそれぞれに気になったこと、注意しなければいけないこと、こんな時はどうすればいい?など、細かな点一つ一つについては十分に話し合い、終了いたしました。

 

今後も気づいたことがありましたら、全員で確認しあってまいります。

 

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

中道退職のご挨拶&選択する時に迷ったら

【中道退職のご挨拶】

 

皆様こんにちは、中道です。

まずは表題の通り、中道退職する件についてお話させていただきます。

中道は3月31日をもちまして、2年間お世話になったWALLESS ACADEMYを退社することになりました。本来であれば直接ご報告すべきところですが、ブログでの報告になってしまう方もいらっしゃいますこと、大変申し訳なく思っております。

また、クビになったのか?と何人かのお子さんに聞かれましたが、そうではなく、一身上の都合による退職であることをこの場を借りてご報告させていただきます。

 

 

オープニングから関わらせていただいたWALLESS。オープン当初のスタッフは4人でしたが、今では11人と増え、新たな事業所(WALLESS ジョブトレ)も含めるとスタッフ総勢15人となり急成長を遂げております。

中道自身、初めての職場ということもあり、最初はとても緊張していたのを今でも覚えております。WALLESSと共に成長してきたと思いますし、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

そのように居心地の良い職場ですが、更なる自分自身の成長の為、別の職場に移ることを決めました。

これまで携わってきたすべての皆様に、感謝とともにご多幸をお祈り申し上げ、簡単ではございますが挨拶とさせていただきます。

ありがとうございました。

 

 

 

**********

 

 

 

【選択する時に迷ったら】

 

ここからは選択することをテーマにお話しいたします。

皆様は様々な選択をこれまでどの程度してきたでしょうか?

そして、どのように選択してきたでしょうか?

 

 

実は私たちは毎日何かしらの選択をして過ごしています。

その選択とは、朝目が覚めて、そのまま起きるのか、一旦ゆっくりしてから起きるのか、どの道を通って目的地に行こうか、どの手段で行こうか、など様々です。

これらは日常的に行われるため、選択しているという意識は少ないかもしれませんね。

 

 

もう一つは人生における選択です。

先ほど中道が選択したものも人生における選択の一つになります。

さて、皆様はこのような選択をする際にどのように決断しているでしょうか?

 

 

楽しそうだから?

利益があるから?

苦痛を伴わないから?

誰かにそのようにしろと言われたから?

 

 

きっとここには書ききれないほど様々なプロセスがあると思います。

そして、それらの行動の結果を皆様はどのように捉えているでしょうか。

選んで良かったと思う方もいれば、別の選択の方が良かったのかもしれないと後悔する方もいるでしょう。

ただ、そのように思うのは仕方がないことなのです。

 

 

経験していることに関しては、良い面と悪い面両方を見ることになります。

ただ、経験していないものに関しては、良い面だけを見続けるため、それは「憧れ」になっていきます。

そうなると「あっちの選択の方が良かったかも」という後悔の念が生まれやすいのです。

 

 

 

 

 

 

このような後悔のメカニズムをお伝えしたのは、後悔しない選択をしようというのは「難しいことだ」と伝えたかったからです。

それを考えてしまうと結局は前に進めないことになってしまいますし、その後それを責めてしまうと自分自身が辛くなってしまいますよね。

 

 

では、どのように選択していけば良いのかという点になります。

後悔は絶対してしまうというのなら行動したくないという考えもあるかもしれません。

ですが、苦痛を伴う事を分かっていながら、でもやりたいからと行動することが出来れば良いのかもしれません。

 

 

「ある苦痛」「ない苦痛」という概念があります。

「ある苦痛」というのは、怪我をした痛みなどのように、実際自分の身に起こっており、今現在ある苦痛になります。

お子さんであれば、勉強をしないと成績が上がらないことなども「ある苦痛」に入るかもしれませんね。

「ない苦痛」というのは、ないことで生じる苦痛になります。

例えば、勉強をしないことで「ある苦痛」は避けられますが、自分自身に勉強の知識がついてないことで苦しむ「ない苦痛」が生じてきます。

 

 

「ある苦痛」というのは見えやすいので避けやすく、その時の気分も楽になりますが、「ない苦痛」は見えづらく、いつの間にか溜まっていることが多いので、気が付いた時にはとても辛い状態になっていたりもします。

そのため、先程お伝えしたように、苦痛を伴う事を分かっていながら、でもやりたいからと行動することが必要になってくるのかもしれませんね。

 

 

ここでようやく最初の問いに帰ってきます。

皆様はこれまでどのような選択をしてきたでしょうか。

そして、これからはどのように選択をしていきたいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

選択をすることはこれからも幾度となく出てくるでしょう。

その時に、自分がやりたいことは何なのか、それを改めて考えてみてください。

それを見つけるのはとても大変だと思います。

それはとても曖昧なものですし、状況によっても変わってくるように思えてくるかもしれません。

自分の中に限界を決めて無理だろうと決めつけてしまったり、こうしないといけないと思い込んでしまうこともあるかもしれません。

ただ、そのように自分の中で決めているものを一度取っ払って、本当に自分がやりたいこと、大事にしたいものは何なのかをゆっくり時間がある時に考えてみてください。

 

 

最後なので、かなりの長文になってしまいました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

何か考えるキッカケにはなりましたでしょうか?

今回の内容は苦痛を伴った行動もした方が良いという内容ですので、すぐに楽になる考えではありませんが、長期的に楽になる行動をするキッカケの一つになってくれればと思います。

 

 

また、苦痛を伴った行動というのはあくまで、自分がそれをしたいと感じているときに行っていただくことが前提となっています。他者から命令された苦痛を伴った行動は辛いだけですから。

また、それを繰り返してもダメな時は別の行動に取り組むことも大事になってきます。

なので、苦痛=大事ではないことだけ、最後に補足しておきます。

 

 

 

では、これまでお世話になりました。中道は3月いっぱいで退職となりますが、引き続きWALLESS ACADEMYをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

<担当:中道>

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net

福井新聞に掲載されました

11月1日にオープンしました「WALLESS JOBTORE」

福井新聞社の方が取材にこられ、記事にして下さいました。

 

 

 

 

 

<福井新聞 2021年11月23日発刊>

 

 

 

 

 

放課後等デイサービスの「WALLESS ACADEMY」は18歳までしか利用できません。

学校を卒業した利用者様たちが、意欲をもって社会にでて働くまでをサポートする就労移行支援。

 

 

(株)WALLESS代表の山内は

「働くことが困難な人たちと企業への橋渡しをしていきたい」

と話しております。

 

 

■WALLESS ACADEMY

放課後等等デイサービス・児童発達支援・保育所等訪問支援

■WALLESS JOBTORE

就労移行支援

■WALLESS WORK

企業向けコンサルティング

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

Share →
壁とかす なくす “WALLESS”
放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

株式会社WALLESS(ウォレス)
〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
walless.net