NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

  • 「おてんとうさま」や「○○虫」を利用して、自分を見つめよう②

    「自分を見つめる」って、本当に難しい。

    なぜって、自分の姿を見ることはできないから。

    なぜって、自分の目は外を見る方向についていて、外から自分を見ることはできないから。

     

     

     

     

    以前に、動物にはない「人」が持っている素晴らしい力、「ふり返る」という心の働きで自分の気持ちをコントロールしていく方法をお伝えしました。

    →ブログ「魔法の言葉で、自分を見つめよう」

    今回は「自分を見つめよう」パート2です。

     

     

     

     

    「自分を見つめる」って、本当に難しい。

    そうなのです。

    自分を直接見ることができないから、今自分はどんな表情をしているのか、どうふるまっているのか、他人からどう見えるのか、そんなことを直接認識することはできません。

    さらに、形のない自分の心(気持ち)を見つめるとなると、それはもう至難の業です。

     

     

    しかし、自分がどんな行動をしているのか、どんなことを感じているのかが分からないと、自分の行動や気持ちをコントロールすることはできません。

     

     

     

     

    例えば、人に対して怒りを抱いたとき、

     

    「自分は今怒っている」

    「イライラしている」

    「相手を傷つけたいと思っている」

     

    と分かるからこそ、

     

    「怒ってばかりはいけない」

    「イライラを解消しなくては」

    「人を傷つけてはいけない」

     

    と行動を制御できるのです。

     

     

    さらには、怒りの裏に「悲しみ」「嫉妬」「妬み」などがあると分かると、それを解消しようとすることができるのです。

    ですから、幼い時から「自分を見つめる」練習をしていくことは、とても大切になります。

     

     

    では、そんな難しいことを、どうやって練習すればいいのか。

     

     

     

     

     

     

    自分の目では自分を見つめることができないから・・・

    そんなときは「おてんとうさまの目」を利用させてもらいましょう!

    昔の方は「おてんとうさまが見ているよ」と、よく言いましたね。

    これこそが、自分を見つめる練習なのです。

    「(自分がしたことを)おてんとうさまが見たらどう思うのだろう?」と、自分以外の人から見た自分を想像することになるからです。

     

     

    また、腹を立てた子どもに「○○ちゃんの中に、『怒り虫』が出てきたぞ!」と、怒った気持ちを虫に置き換えてしまいましょう。

    そうすると、自分の目(心の目)でその虫を外から見つめることができ、「どう行動してしまったか」「なぜ腹がたったのか」を考えやすくなります。

     

     

     

     

    そして、自分の行動や気持ちを見つめることができたら、

    必ず、次はどう行動すればいいのか、具体的なコントロール方法も一緒に考えてあげてください。

    「おてんとうさまは、どうすると喜んでくれるかな」

    「怒り虫は、どうすると暴れなくなるかな」と。

     

     

     

     

    ウォレスアカデミーでは、そんな心の問題とも向き合っています。

    とても難しいことですが、子どもの心の成長には欠かせないことですので、これからも、お子さまと一緒にいろいろな気持ちをと向き合っていきたいです。

     

     

     

     

     

    <担当:西>

    Share →
    壁とかす なくす “WALLESS”
    放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

    ウォレス(ワイズマネジメント有限会社)
    〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
    walless.net
  • 子どものダメな所ばかり気になってしまうとき②

    以前「自分の子どものダメな所ばかり気になってしまうとき」というブログを書かせていただきましたが、今回はその続きになります。

     

     

    前回の記事では、悪いところを良いように考えてみようという内容でした。

    →ブログ「子どものダメな所ばかり気になってしまうとき」

    今回は、その良い悪いという評価自体を辞めて、その子を見てみようという記事になります。

     

     

     

     

     

    そもそも、良い悪いという判断はどこから来るのでしょう?

    それは「こうなって欲しい」という理想との比較であることが多いと思います。

    理想通りうまくいくから良い、理想通りにいかないから悪い、そのような感じでしょうか。

    このように理想を掲げてしまうと、現実とのギャップを良い悪いで判断してしまい苦しめられることが多いかも知れませんね。

     

     

    このギャップを埋めるために必要なこと、それは「今ある自分を受け入れること」になります。

    今ある自分というのは、上手く出来ない自分かもしれないし、上手く出来ない中でも必死にもがいている自分かもしれないし、諦めずに挑戦して少しだけ成長した自分かもしれない。

     

     

    ・・・でも、そんなのは結局他人と比べたら全然ダメじゃないか。

     

     

    そう思われる方がいらっしゃいましたら、その気持ちを一旦横に置いてみましょう。(その気持ちをなくす必要はありません)

     

     

    そして、横に置くことが出来たら、一度今までの自分を振りかえってみてください。

    そして頑張ってきた自分を褒めてあげてください。

    自分を褒めてあげることで、辛くてももがいている自分を微笑ましく思えたり、困難を乗り越えてきたことを認めることが出来ます。

    過去の自分と比べたら今の自分は成長できている、そう思えるようになった時、「今ある自分を受け入れること」が出来るのかもしれません。

    決してその他大勢の他の人と比べる必要はないのです。

     

     

     

     

     

     

    お子様に対しても同様に考えることが出来たら、気持ちが楽になるかもしれません。

    昔はここが苦手で10回中10回は出来ていなかったのに、10回に1回は出来るようになった!

    苦手なことに挑戦し、結果出来なくても、挑戦出来たことがすごい!

     

     

    理想との比較ではなく、周りとの比較でもなく、昔のその子との比較の中で少しの変化を見つけることが大事になってきます。

    それが出来れば、親御さんの気持ちも楽になるかもしれません。

     

     

     

     

    お子さんの状況によっては、見方を変えるなんて出来ない。

    一個も成長出来ていない。

    逆にとても状態が悪くなっている。

    そんな風に思う時もあるかと思います。

    ただ、そのように思われたという事は、この記事を見ながら少しでもお子さんの頑張ったところを探そうとされたのではないでしょうか。

    見つからなかったということは、見つけようとされていることになります。

    その気持ちがとても大切です。

     

     

     

     

    常にお子様と一緒におられると見えないかもしれません。

    他人と比較してしまうと打ち消したくなるものかもしれません。

    ただ、先ほど他人との比較の気持ちを横において楽になられたのであれば、お子様の比較する気持ちに関しても横においてみて、お子様の頑張ったところを見つけていただけたらと思います。

     

     

     

     

     

    最後まで見てくださってありがとうございます。ここまで見ていただいた人に少しでも楽になるヒントを見つけていただけたら幸いです。

     

     

     

     

     

    <担当:中道>

    Share →
    壁とかす なくす “WALLESS”
    放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

    ウォレス(ワイズマネジメント有限会社)
    〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
    walless.net
  • WALLESS ACADEMY 5階の新フロアーご紹介

    2020年4月1日にオープンしたWALLESS ACADEMY。

    大変多くの方にご利用頂き、誠にありがとうございます。

    当所は入所ビルの8階のフロアーのみでサービスを提供しておりましたが、多くのお問合せやご見学者が後を絶たず、ついに5階フロアーにも支援ルームを増設し、2021年1月オープンいたしました!

    今回はその5階のフロアーをご紹介いたします。

     

     

     

     

    入口の扉を開けると、待合室があります。

     

     

     

     

    8階同様、プレイスペースを設けており、レゴブロックなどで遊べるようになっています。

    テーブルと椅子が設置されているので、待ち時間に宿題なども出来そうですね。

     

     

     

     

     

    5階は支援ルームは3部屋(A・B・C)準備しています。

    ちなみに8階の支援ルームにも名前がついてるんですよ。(皆さん覚えてますか?)

     

    そして事業所内にはいろんなディスプレイが施されていますので、皆さんの心を和ませてくれるのではないかと思います。

     

     

     

     

    8階事業所には、支援ルームが3部屋、相談室、スタッフルーム、5階事業所には支援ルームが3部屋となります。

    それにともない指導員も増え、さらににぎやかになったWALLESS ACADEMYです。

     

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

    <担当:杉下>

    Share →
    壁とかす なくす “WALLESS”
    放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

    ウォレス(ワイズマネジメント有限会社)
    〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
    walless.net
  • 思っていることをうまく言葉にして伝えられないお子さま

    WALLESS ACADEMYでは、コミュニケーションを7つに分類し、一人一人のお子様に合わせた支援を行っています。

     

    「1要求」「2.拒否」「3.注意をひく」「4.挨拶」「5.感情表現」「6.質問をする」「7.体調をつたえる」

     

     

     

    コミュニケーションを取るうえで以前からお伝えしている7つのコミュニケーション。

    今回のねらいは、「1要求」「6.質問をする」です。

     

     

    絵カード使って行います。

    ①絵カードをテーブルに並べる

    ②出題者が答えの札を見てヒントを言う

    ③回答者が分かったら絵カードをとる

    といった具合に、お子様と、スタッフで交互で問題を出し合います。

     

     

     

     

     

     

    問題をうまく出せないお子様には、こちらから質問したり、ジェスチャーでされるお子様には、スタッフがその動きに言葉をつけて、動きに意味づけをして返していきます。

     

    言葉で表現できるお子様には、「もっと、ヒントほしいな~」といいながらなるべくたくさんのヒントを言ってもらうようにしています。

     

     

    初めの頃は、回答者になることの方を喜び、出題者になることに抵抗を感じるお子さんが多いです。

    なぜ問題を出すことに抵抗を感じるのか。

    それは、どのようにヒントを出していいのか、どのように伝えればよいのかが分からないためです。

     

    ところが、回数を重ねることでヒントを出すのがうまくなり、自分の出したヒント(情報)で、相手が絵カードを取れることに喜びを感じるお子様が多くなってきます。

     

     

     

    どのように伝えると良いかを考える過程は、自分の疑問要求を伝えるときに必要な要素となります。

    なかなか伝わらないときの気持ちを言葉にすることで、相手と通じ合ったときの嬉しい気持ちにも気付くことが出来るのです。

    自分の言いたいことが相手に伝わるということは何よりもうれしい経験ですよね。

     

     

     

     

     

    【豆知識】

    コミュニケーションとは・・・?

    コミュニケーション(communication)の語源は、ラテン語のコミュニス(communis)、すなわち共通したもの、 あるいは共有物(common コモン)と言われています。

    お互いの情報には常にギャップがあります。相手がどこまで分かっているかを探り、そのギャップを埋めることで情報の共有をしていくこと。それがコミュニケーションです。

     

     

     

     

     

    <担当:前田>

    Share →
    壁とかす なくす “WALLESS”
    放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

    ウォレス(ワイズマネジメント有限会社)
    〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
    walless.net
  • 魔法の言葉で、自分を見つめよう

    お正月は、一年で最も大切な節目の時。

    一年の始まりの日として、目標を立てたり、書初めをしたりした人もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そうはしないまでも、昨年をふり返って、今年はこうなるといいなと思ったりはしますよね。

     

     

    このように、「ふり返る」という心の働きは、動物にはない「人」が持っている素晴らしい力です。

    この力は、脳の発達に従い徐々に獲得されていきます。

    小さい子は自分の見ている景色と同様のものを、他の人も見ていると思っている「自己中心性」であり、それが成長してくると、徐々に他の人からはどう見えているのかという他者視点に立って考えることができるようになってきます。

    つまり、自分から外に向けての視点だけでなく、外からの自分への視点も考えることができてくるのです。

    そうなると、「自分をふり返る」ことや、「自分を見つめる」ことができてくるのです。

     

     

    「ふり返って自分を見つめる」ことができると、自分の気持ちをコントロールしたり、その後の行動を修正したりすることにつながるので、小さいうちから「ふり返って自分を見つめる」練習をしていくと、心の成長にとても役立つと思います。

     

     

    何か活動をした後に、

    「どうだった?」

    「どう思った?」

    「何が楽しかった?」

    「何がうまくできた?」

    というように、「どう」や「何」という言葉を使ってふり返るきっかけを作ってみてください。

    この「どう」や「何」は、ふり返るときの魔法の言葉です。

    大人の人なら、この魔法の言葉で自分に問いかける習慣を作るのもよいですね。

     

     

    ただ、小さい子にとっては答えるのが難しいかもしれませんので、その時は選択肢を挙げて「○○と△△、どちらが楽しかった?」と聞いてもいいですね。

    どちらにしても、自分の気持ちをふり返ることになります。

     

     

     

     

     

     

    ウォレスアカデミーにおいても、授業の最後に「今日の授業はどうだった?」「何が楽しかった?」「次は何がしたい?」など、ふり返りの言葉がけをします。

    自分で自分の様子や気持ちに目を向け、得意や苦手に気づくことができると、得意を伸ばし自信にし、さらにその力を使って、苦手なことに取り組むことができるようになっていくのです。

     

     

    「直接見ることができない自分を見つめる」とは、本当に難しいことですが、魔法の言葉を使って少しずつ挑戦してみてください。ぼんやりと何かが見えてくるかも???しれませんよ。

     

     

     

     

     

    <担当:西>

    Share →
    壁とかす なくす “WALLESS”
    放課後等デイサービス・就労支援トレーニング・企業コンサルティング

    ウォレス(ワイズマネジメント有限会社)
    〒910-0005 福井県福井市大手3丁目1-15 ビアンモアビル8F Tel.0776-89-1862
    walless.net
  • 1 2 3 10